ひよこまめ子の忘備録

日常で気になったことや、フランス人旦那と一人息子との暮らす日記。

避妊リング体験記(FD-1)

 

第1子出産前までは、すぐにでも、次の子供を作り始めた方がいいのでは?と考えていましたが、予想外の出産体験と過酷な育児の経験により

この状態で年子とか2歳差育児なんて精神的に無理。。。。

と、考えを改めました。

 

私たち夫婦は産後も妊娠できるような日常を送っていただため、2人目が予想外にできては大変!と思い、いろいろと考えた末、授乳中にも影響の出ない子宮内避妊具をつけることにしました。

 

子宮内避妊具はIUDとも呼ばれるもので、小さなプラスチックを膣内に挿入し、受精や着床を遮る機能があります。避妊率は98%とも言われており、一度入れると数年間は入れっぱなしのままでよいと言われています。

 

数年後に2人目を希望する私としては、下記が決め手となりました。

・授乳に影響がない

・いつでも取り外し可能

・出産経験のある女性が対象

・日常生活に支障がない

・費用は3万円程度~

 

早速、装着をしてもらうため、婦人科に行きました。

子宮内避妊具(IUD)は多くの種類が出ていますが、その婦人科で扱っているのは、1種類のみでした。数年前より黄体ホルモン付きのIUDも出ているようでしたが、授乳の影響が心配だったため、普通のタイプを希望していたので、問題ありませんでした。

(希望のIUDがある場合は事前に行かれる婦人科に取り扱いがあるか、調べた方がよいと思います。)

 

その婦人科で扱っていたのは、FD-1という昭和52年から使用されているタイプでした。

実物は見ていませんが、指の第1関節くらいの大きさのものです。

<メーカー商品ページ>

https://www.fujilatex.co.jp/medical/fd-1p-80%E3%80%806%E6%9C%AC%E5%85%A5%E3%82%8A/

 

挿入に関しては、婦人科の先生により、痛みもなくすぐに終わりました。

その後は、経過観察で2か月に1回来るようにと言われました。

(自費診療なので都度お金はかかりますが)

IUD挿入後の生理はというと、若干経血量が増えて、重くなったなと感じました。

その他は日常生活には全く問題はなく、つけているのを忘れてしまう程でした。

 

約2年後、今度は取り外しをしてもらいました。

取り外しは、、、、ズキっとした痛みがありましたが、すぐに治りました。

取り外した避妊具についている生体で子宮体癌検査ができるとのことだったので、

そのまま検査に出しました。

過去に子宮体癌検査をした時に比べると痛さは10分の1くらいでした。

取り外した後、妊娠を希望する場合は、子宮が傷ついているため、生理2回経過後にチャレンジすると良いとのことでした。

 

以上、子宮内避妊具(IUD)体験談でした。

出産経験者で、これ以上子供を作りたくない方、計画的に出産したい方おススメです。

但し、避妊率は100パーセントではないため、100%を求める場合は他の避妊具との併用がよいと言われています。

また、性感染症は防げないので、パートナーが決まっている方向けかと思います。